2012年01月29日

痔の種類


痔の種類は大きく分けると次の3つに分けられます。

痔核(いぼ痔)、 裂肛(きれ痔)、 痔瘻(じろう)の3つです。

各々について、簡単に説明します。


 (1)痔核(いぼ痔)

痔のなかで最も多く、痔の患者の半分以上がいぼ痔です。

肛門周辺の粘膜の下には、血管が集まって肛門を閉じる働きをする
クッションのような部分があります。


肛門への負担が重なると、クッションを支える組織(支持組織)が
引き伸ばされ、クッション部分が大きくなり、出血したり肛門の外に
出たりするようになります。

これが痔核(いぼ痔)です。


痔核には出来る場所によって、直腸側にできる内痔核と
肛門側にできる外痔核とがあります。


内痔核が大きくなって脱出するようになると肛門側の痔核、
つまり外痔核を伴って内外痔核という状態になることもあります。



 
 (2)裂肛(きれ痔)

 太くて硬い便を排泄したり、下痢によって無理に便が通過すると
肛門の出口付近が切れて起こるのがきれ痔です。


排便時に紙につく程度の出血と痛みがあります。
裂肛が慢性化してしまうと傷口が潰瘍状になり、
強い痛みが排便後も続く場合があります。




 (3)痔瘻(じろう)

 直腸と肛門の境目、つまり歯状線の小さなくぼみから大腸菌などが
入り込み、直腸と肛門の周囲が化膿したものを肛門周囲膿瘍といいます。


膿瘍(おできのようなもの)が切開されるか、あるいは自然に
破れたりすると うみが出て、直腸、肛門とつながった
うみの管ができます。


これを痔瘻(じろう)といいます。




posted by hemor at 11:20| 痔の基礎知識

2012年01月27日

痔の原因と予防


 痔は、基本的に「血流」の病気だそうです。
そのため、予防と治療には「血流」を直すことが必要です。
根本的に治すためには、生活の改善がポイントです。



 体質や生活習慣と密接に関係しているので、
家族の一人が痔にかかっている場合、
同じような生活をしている他の家族も
痔になりやすいと考えて間違いないようです。



 以下のような生活習慣を見直しすることで、
痔の予防と症状を軽減することができます。

1.同じ体勢での、長時間のデスクワーク・立仕事などを避けること。
2.1日10時間を超えるようなオーバーワークが続く場合は、
 睡眠・休息をしっかり取ること。
3.寒い部屋などで動かないでいると、血流が悪くなるため、
 部屋を暖かくしたり服の厚着をしたりすること。
4.少し暖かめのお風呂に、長く浸かることで血流が良くなります。
5.毎日、お風呂に入ること。シャワーで済ませないこと。
6.散歩やジョギングなど、適度な運動をすること。
7.夜更かしをしない。規則正しい生活をすること。
8.水分をしっかり取ること。食物繊維の多い野菜を食べること。
9.排便時は、あまり強くいきまないように心がけること。
10.飲酒は控えること。
11.キムチなど辛い食品を摂りすぎないこと。
12.柔らかいトイレットペーパーやウォシュレットを使い、肛門を清潔に保つこと。




posted by hemor at 09:35| 痔の基礎知識

2012年01月26日

痔に対するイメージ

 
 痔は、「年寄りの男性」がかかる病気で、
「かかると恥ずかしい・汚い」というのが一般的なイメージです。
しかし実際には、若い人も女性もかかる病気です。


特に妊婦がかかりやすい実績があります。
運動不足の人がかかりやすい病気で、
仕事熱心なサラリーマンやOL、隠居して動かない
高齢者などが痔を長く患いやすいそうです。



 また、痔は食べ物に関係していると言われています。
食べ物のカスを排泄するための通り道ですから
スムーズに通り易いカスが出る食べ物の方が良いのは
当たり前のことですよね。



痔の人は、生活習慣と食べ物に気を
つけなけれけばならないようです。




posted by hemor at 11:31| 痔の基礎知識

2012年01月25日

痔とは


 痔をウィキペディアで検索すると
次のように説明されていました。

 直立二足歩行するヒトの場合、直腸や肛門付近の血管は、
頭の方向に血液を送っているため、普段から非常に大きい
圧力がかかっている。


そこに、長時間の立仕事や座り仕事などによる肛門付近での
体液の鬱滞、便秘または下痢を繰り返すことなど、
肛門部に強い力が幾度もかかるなどの要因が加わって痔を発症する。


従って痔は、椎間板ヘルニアやO脚などと並んで、
直立二足歩行であるヒト固有の問題であるといえる。
ヒト以外の動物は、基本的に痔を患う事が無いとされている。




 痔は、人間固有の病気なのですね。
しかし、痔にはなりたくないですね。



私も以前、痔で悩んだ経験があります。
痛いのもありますが、トイレに行くのが嫌になり、
日常生活が苦痛で精神的に辛かったですね。



最近では、ウォシュレットのような素晴らしい製品が
できたおかげで、治り易くなったと思います。



posted by hemor at 11:01| 痔の基礎知識